猫トレックの撮っとっと

雑貨や野良猫さん、散歩のときの写真、時々県内や近場のおススメスポットも写真で紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 写真ブログ 

 スポンサー広告

早岐駅と給水塔跡 (佐世保市遺産 鉄道施設群)

先ほどGoogleマップにも、投稿してきたんですけど、
2017年3月31日に、早岐駅にある給水塔が「早岐駅と給水塔跡」として、佐世保市遺産 鉄道施設群年て登録されました。
早岐駅の改築時に、以前は別の場所にあった史跡「早岐機関区発祥の地」のモニュメントも給水塔の後ろに移動されています。
これが今は道路側のため、金網に隠れてほとんど見えないのが残念です。


給水塔の写真は昨年撮ったものなので、まだ案内板はありません。
またそのうち撮り直したら追記でアップしますね!

JR早岐駅の給水塔跡



こちらは彼が駅で写真撮ってLINEしてくれた画像です。
クリックで拡大します。

早岐駅と給水塔跡の案内板


Googleマップにも投稿しましたけど、案内板の内容書いておきますね!


早岐駅と給水塔跡 案内板より

佐世保に軍港が置かれると陸上輸送を担う鉄道の建設が急がれ、明治30年(1897)に早岐駅が開業した。早岐には機関区(蒸気機関車の基地)も置かれ、鉄道関係の施設が次々に建設されていった。この給水塔もその施設の一つで、高低差を利用して蒸気機関車に急速に給水するための施設であり、かつては上部に鋼製の水槽が設置されていた。ところで武雄方面から早岐駅に入ってきた列車が佐世保方面へ向かう場合、バック運転となる。このスイッチバック運転は早岐駅の特徴として『鉄道唱歌』にも「めぐる車輪の早岐より右に別るる佐世保道」と歌われている。


After Sasebo Naval Port was opened, the need for a railway for land transportation became higher, That is why Haiki Station was also opened in 1897. Various railway-related facilities were built one after another in Haiki, including the engine department (base foe steam engines). This water tower, also one of them, was a facility to supply water rapidly to steam engines making use of differences in elevation. There was a steel water tank in the upper part of the tower. By the way, when a train from the direction of Takeo comes to Haiki Station and heads to the direction of Sasebo, it runs backway. This switch back operation was also adopted as the theme of "Tetsudo Shoka (railway song)", about the feature of Haiki Station saying "wheels spin, and the railroad for Sasebo separates to the right at Haiki"


2017年4月21日(金曜日) 追記です。

給水塔、今日また写真撮ってきたので、貼りますね!

鉄道遺産 早岐駅の給水塔



早岐駅の給水塔
関連記事

にほんブログ村 写真ブログ 

 佐世保市

 2016-11-16 2017-03-31 JR早岐駅 鉄道遺産

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。