猫トレックの撮っとっと

雑貨や野良猫さん、散歩のときの写真、時々県内や近場のおススメスポットも写真で紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 写真ブログ 

 スポンサー広告

無窮洞 おすぎさん出演のアサデスでも紹介!ハウステンボスの近くです。

KBC九州朝日放送のアサデスで、おすぎさんがロケで佐世保市を初訪問されたときの放送を見て、第二次世界大戦時に、子供たちの手で掘られた巨大防空壕「無窮洞」のことを知って、行ってきました。

巨大防空壕無窮洞


防空壕内には、教壇を備えた大きな洞窟から通路が掘られていて、書類室や台所なども作られています。

佐世保市無窮洞


今は藪のようになってる裏山に抜ける「避難道」だそうです。
危険なため柵を設け通れないようになっていて、「裏山に抜けられる避難道と通風口の役目もしています。」と説明書きがあります。
無窮洞内、裏山へ続く階段


防空壕の上は現在はこんな感じです。
2016-11-04_36.jpg


空襲時、全校生徒の約600人が避難されたそうですが、酸欠状態になったため、農機具の「唐み」という道具で空気を送ったそうです。案内してくださった方が実際に回して見せてくださいました。

無窮洞 送風のために使われた唐み


この唐みが置かれている後ろの通気口を外から見たところです。
嘗担門(しょうたんもん)と書かれてます。

2016-11-04_31.jpg


照明で、顔のようにも見えますが、この教壇の後ろの壁に作られている台には山水がたまっていました。
綺麗な水だそうで、飲めるそうです。

2016-11-04_29.jpg


2016-11-04_26.jpg



実際に子供たちが使った道具も展示されていました。
金属のほとんどが武器として使われていた時代、鉄は大変希少でしたが、農家から提供された木や鉄を使い、子供たちが、それぞれのちいさな体に合った道具を数か月かけて手作りしたそうです。

無窮洞掘削時に使われた道具



水はけのためのくぼみには砂利が敷き詰められています。
2016-11-04_30.jpg


無窮洞 案内板
無窮洞案内板

無窮洞は、戦争中に宮国民学校の先生と子どもたちによって掘られた防空壕です。
岩壁に「無窮洞」と大きく掘られた下にある「工事概要」には「本工事ハ昭和十八年八月二十九日起シ、同二十年八月十五日炊事場ヲ未完成ノママ停止セリ。作業ハ一切外部の労力ヲカラズ爆薬ヲ用ヒズ、職員生徒児童ノ手ニヨリつるはし、のみ、かなづちくわヲ使用セリ。底面積凡七十坪内四十坪ヲ板張りトシ映画場ノ設備ヲモ施セリ・・・・」と書いてあります。「無窮」とは、「きわまりないこと」「かぎりないこと」で、日本と子供達の将来がいつまでも栄えることの願いを込めて書かれているのでしょう。当時小学生だったお年寄りの話によると、小さな体で鍬やツルハシで少しずつ堀り、先がつぶれたツルハシは学校の工事場で、鍛冶屋さん宅の児童が修理したということです。
女子もホゲなどで土運びをして手伝い、全校生六百人が入れるような広い地下壕ができました。板張りの教室には医師の教卓やローソク立てがあり、書類棚、倉庫、炊事場、トイレもあり、防空壕で生活できるよう準備されていたようです。入口は川の方に二つあり、山へ出る非常口は通風口でもありますが、山から下の方へ掘るものと、中から上に掘るものが繋がった時は大変喜んだということです。
無窮洞は子ども達の労力で完成させたとは思えないような立派なものです。
平成六年の水不足は深刻で、無窮洞は立派な文化財なので惜しむ声もありましたが貯水池に利用されました。後に別の場所に貯水施設ができたので、平成十四年の市制百周年記念行事に、無窮洞の復元整備工事をして一般開放することになりました。


無窮洞の石碑


無窮洞を掘った子供たちの像


佐世保は米軍基地の街で、米軍住宅も多いのですが、
この鐘は、無窮洞を訪れた米海軍佐世保基地の司令官の方が寄贈されたそうです。

無窮洞に寄贈された平和の鐘


無窮洞には、長崎に原爆が投下された時、酷いやけどを負ったたくさんの方も運び込まれたそうです。
(40名と言われていたと思うんですが、記憶力悪いので・・)
真夏の熱さの中、薬もアカチンしかなく、傷口にわく蛆を除くことだけしかできなかったそうです。
そして、全員が、
亡くなられてしまったそうです。


まるで礼拝堂のようなアーチを持つ無窮洞、教室として使われることは一度もなかったそうです。
近くには人間魚雷の訓練場があり、空襲が絶えなかったというこの場所で、生きるために子供たちが掘った防空壕。
平和の大切さを知るためにも、訪れて頂けたらと思います。
案内をされてる方も、たくさんの方に知って頂きたいとおっしゃってました。
お聞きしてませんが、多分ボランティアで案内活動なさってるのではないかと思います。



ハウステンボス駅(ホテルローレライ前あたり)から、車で4~5分です。



車にナビつけてないもので、スマホでGoogleマップのナビ使って行ったんですが、ちゃんと正しい場所に案内してくれました。
でも、丁度一緒になったご夫婦のナビは違うところに誘導されちゃったらしいです。
案内をしてくださった方も、少し古いナビだとダメとおっしゃってたので、Googleマップのストリートビューも貼っておきますね。

テンボス方面からの場合、橋の手前の信号を左折します。




無窮洞パンフレット

無窮洞パンフレット

入場は無料、見学できる時間は午前9時から午後5時までです。(年末年始は休み)

関連記事

にほんブログ村 写真ブログ 

 佐世保市

 2016-11-04 佐世保市 戦争遺跡 無窮洞 ハウステンボス付近

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。